エコキャッシングは闇金?審査と在籍確認 カードローン審査基準 他金融で借りていてもお金借りれる?

エコキャッシングは闇金?審査と在籍確認 カードローン審査基準 他金融で借りていてもお金借りれる?

 

エコキャッシングは、東京に支店を構える金融会社です。

 

法人向けのビジネスローンが用意されていますので会社での利用も多いのですが、個人向けには資金使途が自由なフリーローンも取り扱っています。

 

借金を一本化することのできるおまとめ・借り換えローンも用意されていますので、他の借金を清算して一つにまとめたい時にも便利です。

 

 

カードローンの審査申込みはPCサイトからでも行えますし、携帯電話やスマートフォンから行われる場合もあります。ネットからの申込みが苦手な人には、電話による申込みも行われています。

 

利用する前に、まずはいくらくらい借りられるのかを知りたい人も多いのですが、ホームページからは無記名診断のサービスがありますので、事前に試してみると予測ができます。

 

匿名ですので誰でも気軽に診断することができ、審査申込み前の不安も解消できます。ただし、この診断で良い結果が出たとしても100%を保証するものではありませんので、その点は注意しなければなりません。

 

フリーローンでは総量規制の対象となりますので、年収の3分の1までしか融資を受けられないという制度は適用されます。他社からの借入がある人は、総量規制の範囲内であるかを一度確認してから申し込む必要があります。

 

 

申し込む際には本人を確認する書類が必要ですので、運転免許証やパスポートなどの写真つきの書類を用意します。

 

少額の場合にはこの本人確認書類だけでOKの場合もありますが、額が大きくなると収入を証明する書類が必要になります。おまとめローンの場合にも収入の証明は必要です。

 

他社からの借り入れがある場合でも申し込むことはできますが、借入額が多過ぎたりブラックリストに載っていれば審査に通ることができません。

 

ブラックリストに載ってしまうと一般的な金融会社では借入することができなくなりますので、借りる時には遅延を起こさずにしっかりと返済しなければなりません。

 

そのようなことがなければ、エコキャッシングは大手の金融業者よりも審査は甘いといわれています。ですから、他の金融会社で審査に通過できなかった人でもエコキャッシングなら通るかもしれません。ただし、フリーローンの金利は若干高めです。

 

おまとめローンの審査基準については、借り換えローン自体が借金を多くしている人を対象としていますので、返済されないリスクが高くなります。

 

ですから、審査は多少厳しくなることを覚悟しなければなりません。おまとめローンがあるとどんなに借金をしていても審査に通過できそうな気がしてしまいますが、その借金の内容によっては通過できない可能性も出てきます。

 

カードローンを利用する時に気になるのが在籍確認です。会社に電話をかけられたら同僚に知られてしまう、社内で悪い評判が立ってしまうのではないかという不安もあります。

 

ですから、在籍確認なしのカードローンを利用したいという人は少なくありません。エコキャッシングの場合、審査を行う際には必ずあらかじめ記載した勤務先に在籍確認の電話が入ります。

 

電話はかかってきますが、会社名を名乗るのではなくて個人名でかけてきますので、知り合いからの電話だと思ってもらえます。

 

会社名ですとキャッシングという言葉が入っていますので、電話を受けた人は怪しい金融会社からかかってきたと思ってしまいますが、個人名なら個人的なつながりの相手だと思わせることができます。

 

利用する人達は自分の勤めている会社の社員証などを提出して、それを在籍確認のかわりにしてもらえないかとも考えるようですが、エコキャッシングではそのような扱いはありません。

 

大手のカードローンを利用すると代替案が提示されることもあるようですが、この会社では対応していませんので注意が必要です。

 

専業主婦の人がカードローンを利用したい場合でも、審査を受けることができます。

 

この場合、総量規制の対象となっているために本人での契約は行えませんので、安定した収入のある配偶者の名義で契約を結びます。

 

配偶者が働いていれば専業主婦でもお金を借りることができますので幅広いサービスを実施しているといえますが、その配偶者の同意を得られなければ借りることができませんので、内緒で契約を結ぶことはできません。きちんと事前に相談してOKをもらっていれば、専業主婦でも借りられますので、他社と比べてみると便利なカードローンです。

 

カードローンで審査が出て当初の予定よりも多くの額を借りられることになった場合でも、予定の額よりも多めに借りるようなことは避けなければなりません。

 

必要以上に借りてしまうと無駄な出費につながりますし、借りた分はもちろん返済しなければなりませんので、その後の生活が圧迫されます。

 

カードローンは今や気軽に利用できるものになっていますが、計画的に賢く利用しなければ途中で返済が滞ってしまう恐れもあります。ブラックリストに載ってしまうとその後はカードローンが使えなくなります。